【告白】独立するだけで人生勝ち組みたいなところはあります

厚生労働省の統計によると、2019年の2月時点での労働者の数が約6500万人で、そのうち従業員は約6000万人だそうです。

90%以上もの人が雇われて働いていると言うことですね。

逆に、独立して人の上で働いている人はわずか10%以下です。

この数字を見て、あなたはどう思いますか?

私は、これはチャンスだと思いました。

ここで言うチャンスというのは、何かしらのビジネスを始めたときに、それが成功する可能性が高いという意味です。

競合が少なすぎる

対戦相手が1人しかいないゲームと、対戦相手が9人いるゲームがあるとします。

自分が1位になれる可能性が高いのは、当然ですが対戦相手が1人のゲームです。

もちろん、実際はこんなに単純な話にはなりません。

能力が高ければ相手の数なんて問題ではないですし、自分の得意なゲームであれば、本来なら敵わないような能力の高い相手に勝てることもあります。

ですが逆に言えば、能力を含めた全ての条件が同じであれば、対戦相手の数は少ないほど自分にとっては有利だと理解できると思います。

そう考えると、従業員として6000万人の中の1人として働くより、独立して500万人の中で働くほうが、上に行ける可能性は断然高いということがわかります。

月収100万円超えプレイヤーがゴロゴロいる時代

現実として、アフィリエイトで月収100万円稼いでいます! だとか、年収1000万円超えました! といった人が数多く存在しています。

もちろん中には嘘をついている人もいるのでしょうが、月収100万円超えプレイヤーがいるのは事実ですし、その数は年々増えてきています。

それだけ、稼ぎやすくなっているということです。

安定はないので、失敗すれば死すら見える

あまり夢のある話ばかりするのは嫌いなので、水を差すようなことも言っておきましょうか。

ハイリスクハイリターンという言葉がある通り、高い利益を得ようと思ったら、危険を自ら犯さなければなりません。

私の考える最も高いリスクは、会社を辞めることですね。

とりあえず定年までは毎月お金がもらえる身分を、自ら放棄するわけですから。

断言できますが、100万円200万円程度の借金をすることなんて、会社を辞めることに比べればチリみたいなリスクです。

借金は返せば終わりですが、一度会社を辞めると、やっぱり辞めたことを取り消しますなんてことはできませんからね。

ネットビジネスで月収100万円を目指そう! 記事を書くための時間を作るために会社を辞めよう!

みたいなことをすると、失敗したときに比喩ではなく文字通りの意味で首を吊ることになりかねません。

もっとも、ここまでの行動力と覚悟があるなら成功しそうな気もしますが(笑)

10万円も稼げば、十分に勝ち組です

実際には月10万円も月100万円も大した違いはないのですが、まだネットビジネスで稼いだことがないという人にとって、月10万円を稼ぐということは現実的な目標になると思います。

もちろん収入が増えるというのは大きな意味のあることだと思います。

ですがそれ以上に、そのお金は従業員としてではなく、独立した自分という人間が稼いだお金であるという意味で大変大きな意味を持ちます。

6000万人から抜け出し、500万人の中で働いた結果として収入を得る。

それが、勝ち組になるための第一歩です。