今更言うまでもないことかもしれませんが、ネットビジネスには様々なビジネスモデルが存在します。例えば、アフィリエイトや物販などですね。さらに言えば、アフィリエイトの中にもトレンドアフィリエイトや特化型アフィリエイト、googleアドセンスを使うのかアマゾンアフィリエイトをするのか、はたまた情報商材アフィリエイトをするのか、などなど。本当に多様です。

そんな中で、どのビジネスをすれば良いのか? という疑問がこれからネットビジネスを始めようとする人にはあると思います。私も、最初のころはこの疑問で悩みました。

結論から言うと、どのビジネスを始めるのが正しいという正解は存在しません。少し前までは、トレンドアフィリエイトや転売物販が初心者向きだという風潮がありました。当時は私もそうだと思っていましたが、今は違います。

考えてみれば、多くの人にとって稼ぎやすい稼ぎ方が自分にとっても絶対に稼ぎやすいと断言できるわけがありません。物販の才能のある人間が、大勢が稼いでいるからと言ってトレンドアフィリエイトをするのは明らかに間違いです。

では、才能のない人間は何を基準にして最初のビジネスモデルを決めればよいのか? 私の答えは、興味のあるものをやるのが一番よいということです。

大抵の情報商材というのは、ある程度の収入を得て情報を発信している人が、かつて自分が実際に行い、そして稼げたビジネスのノウハウを販売しているものです。ということは、大量に情報商材があることは、イコールいろんな方法で稼げることを意味します。実際にその方法で稼いでいる人がいるんですから。

極端なことを言うと、情報商材のノウハウを正しく実践するならば、どんな商材を選んだって成功するということです。ただし、続けることが大前提です。

これは精神論のようで嫌なのですが、結局稼げるまで続けた人が稼げるのがこの世界です。続けるだけの意志の強さがあるなら何やっても成功しますが、そうでないなら、自分が長く続けられそうなビジネスモデルを見つけるのが一番です。

もしもまだネットビジネスを始めておらず、これから始めたいと思っているなら、稼ぎやすそうかどうかではなく、自分が続けられそうかどうかで判断するのが良いでしょう。

もちろん、詐欺商材は例外ですけどね。やりたいと思ったビジネスモデルを見つけたら、その中で稼げる商材を見つけましょう。