ネットビジネスの世界では、普通に働くのと比べ物にならないほど稼ぐことが可能です。

(その理由はレバレッジにあるわけですが、これは今回の話には関係ないので無視します。)

しかし、同時に稼げない人は1ヵ月で1万円も稼げないとも言われているのがネットビジネスの世界です。

特にアフィリエイトビジネスではこの傾向が顕著ですね。

真偽は不明ですが、アフィリエイターの95%は1ヵ月で1万円稼げないとか。

そこで、今回はアフィリエイターが1か月で1万円稼ぐ方法について簡単な計算をしながら考えてみようと思います。

何を使って稼ぐか?

アフィリエイターが稼ぐわけですから商品をアフィリエイトすることになるわけですが、私はブログとメルマガを使った情報商材アフィリエイトを勧めます。

理由は単純、情報商材は報酬の高いものが多いからです。

販売価格が20~30万円で報酬が1万円超の情報商材なんて星の数ほどあります。

(もっとも、それらのほとんどは詐欺商材なわけですが・・・)

つまり、1ヵ月で1万円稼ぎたいなら、1か月で情報商材を1つアフィリエイトすれば良いということです。

たったの1つですよ。

商材の紹介記事を書いて、仮にその記事の成約率がたったの1%しかなかったとしても、100人が記事を見れば1人は購入するわけです。

そして、報酬として1万円を手に入れることができます。

ここまでの情報を整理しましょう。

  1. 販売価格が2~3万円で報酬が1万円超の本当に価値のある情報商材を見つける
  2. 見つけた情報商材について、成約率1%以上のアフィリエイト記事を書く
  3. 書いたアフィリエイト記事を100人に見せる

この3つのステップで、

100人×1%=1人

1万円×1人=1万円

つまり、1万円のアフィリエイト報酬を手に入れることができます。

めちゃくちゃ簡単な計算ですよね?

そしてこの計算から、1万円を稼ぐために必要な物が何かも分かってもらえたと思います。

つまり、

  • アフィリエイト報酬が1万円超の本当に価値のある情報商材
  • 成約率1%以上のアフィリエイト記事
  • アフィリエイト記事を100人に見せる場所

「情報商材」「紹介記事」「紹介場所」この3つさえあれば1万円を稼げるということです。

どうですか?なんとなく稼げそうなイメージが湧いてきましたか?

この3つが、計算で導き出された1ヵ月で1万円稼ぐのに必要なものです。

 

月1万円の壁を越えれば、月100万円の壁は簡単に超えられる

さらに言えば、記事は書き続けていればよりクオリティを増しますし、成約率も上がります。

普通に記事を書き続けていれば、成約率は10%程度まではまず間違いなく上がります。

そして、ブログを更新し続ければ記事を見てくれる人も増えます。

仮に成約率が10%で、記事を見てくれる人が1000人になったらどうなるでしょう?

1000人×10%=100人

1万円×10人=100万円

つまり、1ヵ月で100万円稼ぐことができます。

1万円を稼げるようになった時と比べ、何も特別なことをしていないことが分かりますか? ただ記事を書き続ける。それだけで稼げる金額の桁が2つ上がっています

「1ヵ月で100万円を稼ぐ方法」と言えば高額塾の販売ページで物凄い偉業であるかのように語られるフレーズですが、実際にはこの程度で稼ぐことができます。

つまり、

  • 販売価格が2~3万円で報酬が1万円超の本当に価値のある情報商材
  • 成約率10%以上のアフィリエイト記事
  • アフィリエイト記事を1000人に見せる場所

この3つがあれば1ヵ月で100万円稼げるわけです。

こうやって並べると、1ヵ月で1万円を稼いだときとやっていることは本当に大して変わらないことが分かりますね。

単に記事のクオリティを上げるだけなんですから。

このように、1万円を稼げるようになればあとは簡単に儲けを増やすことができるのもブログとメルマガを使った情報商材のアフィリエイトの特徴です。

 

月1万円稼ぐために必要なものまとめ

どうでしょう。月1万円を、さらに言えばその先にある月100万円を稼ぐための道筋が理解できましたか?

最後にもう一度だけ復習しておきましょう。

  • 販売価格が2~3万円で報酬が1万円超の本当に価値のある情報商材
  • 成約率1%以上のアフィリエイト記事
  • アフィリエイト記事を100人に見せる場所

「情報商材」「記事」「場所」この3つが、計算で導き出された1ヵ月で1万円稼ぐのに必要なものです。

 

さて、ここまでの記事を読んでこんな疑問を持った人がいるかもしれません。

「本当に価値のある情報商材なんて見つけられるかな?」「成約率1%以上の記事なんて書けるのか?」「自分の書いた記事を100人に見てもらえる場所なんてあるの?」

結論から言えば、全てYesです。

しかも、これらは全てそう難しいことではありません。

それぞれについて、機会があれば説明していきます。